リノベーションで大改造!機能面もバッチリ【古い住宅も有効活用】

インテリア

すきまを減らす

家

コンクリート製の住宅というのは洗練されたイメージがありますし、質実剛健といった印象も受けますよね。先ほどの記事でご紹介したように、実際にかなり頑丈なものであるのは間違いなく最近その和もかなり増えて来ていると思います。長年にわたって自分たちの生活を支える存在になるのですから、しっかりとした耐久性のある家が求められるのです。しかしそのクールなイメージと同じく、コンクリート製の住宅は冬場に冷えてしまうというようなイメージをお持ちでしょう。確かに冷たくなったコンクリートというのはかじかんでしまうくらいの冷たさを持っているものですよね。ですからいくら頑丈とはいっても冬場はちょっと寒いのではなんて思われる人もいるでしょう。そのために高気密住宅の作りがあるのです。高気密住宅とは断熱性のある材料をつかい、床下のすきまや壁の中の隙間を極力減らして気密性を高めた住宅のことを指します。つまりはすきま風などが入りにくくなり、部屋の室温を一定の状態に保つことが出来るようになるのです。これによってコンクリート製の冷えなども問題にはなりませんし、家も快適な室温で暮らすことができます。しかしながら高気密住宅は歓喜をしなければ空気の入れ替えができにくいという点もありますから、しっかりと換気設備を整えることも必要になってきますね。このあたりは施工業者からも案内があると思いますし、歓喜の機能を十分に持たせることを前提での施工になりますので、事前に確認しておくようにしましょう。